福山市,鞆の浦,ひな祭り,歴史民俗資料館

鞆の浦  町並みひなまつり 福山

福山市鞆の浦歴史民俗資料館
当館について 館内案内 刊行物 展示と催し物 鞆の浦歳時記 祭 関連リンク
トップページへ

2019年7月3日

日本遺産「瀬戸の夕凪が包む 国内随一の近世港町  
                 セピア色の港町に日常が溶け込む鞆の浦」の
ストーリーのひとつにもなっている『お手火神事』。
7月13日(土)午後8時(雨天決行)に行われます。

お手火神事は,祇園宮(現在の沼名前神社)の祭神・須佐之男命(すさのおのみこと)の
神輿渡御に先立って行う祓いの行事で,病気払いや海上安全を祈願する祭事でもあります。重さ約200kgの大手火3体が,大石段をねり歩き,かつぎ上げられる姿は勇壮です。

otebisinnzi

お手火神事の翌日が神輿渡御祭(7月14日)
一週間後       神輿還御祭(7月21日)と続き,
一週間後       神能祭(7月28日)で終りとなります。
sinnousaihounoubangumi
沼名前神社能舞台で『御神能祭』が行われます。

最近の記事

過去の記事

 
福山市鞆の浦歴史民俗資料館