福山市,鞆の浦,ひな祭り,歴史民俗資料館

鞆の浦  町並みひなまつり 福山

福山市鞆の浦歴史民俗資料館
当館について 館内案内 刊行物 展示と催し物 鞆の浦歳時記 祭 関連リンク
トップページへ

2018年9月28日

2018年9月2日(日)に開催された「第17回鞆の津・八朔の馬出し」の写真を募集したところ,30点の作品が寄せられました。ありがとうございます。

二科会写真部会員である上野真弓さんの審査により,大賞1点,優秀賞10点が決まりました。大賞作品は来年(第18回)のポスターに使わせていただきます。

taisyo
【大  賞】北村憲司さん(福山市)

【優秀賞】石黒一枝さん(福山市)・岡田久恵さん(福山市)・倉田周三さん(福山市)
      ・倉田香代子さん(福山市)・瀬良好廣さん(福山市)・岡田昇さん(倉敷市)
      ・山本博司さん(福山市)・藤井俊秀さん(福山市)・岡本正昭さん(福山市)
      ・池田嘉子さん(福山市)

 ※ご応募いただいた作品は10月4日(木)~11月18日(日)まで当館で展示します。
   休館日…10月9日(火),15日(月),22日(月),29日(月)
         11月5日(月),12日(月)
   入館料…一般150円,団体20名以上120円

2018年9月14日

鞆の秋祭は「おわたすさん」と呼ばれ,渡守神社の祭礼である。
鞆町内の七町が年々輪番で当番町となり,今年は鍛冶・祇園が当番町です。

一日目(9月14日)  
当番町の各家々には「提燈ぐい」や家紋入り慢幕,松飾りなどをして祭りを迎え,
「明かし物」という行燈を台にのせ,太鼓とかねのリズムにのって町中を引き回す。

二日目(9月15日)  
「作り物」と呼ばれる趣向をこらした物をつくり,神様をもてなす。

三日目(9月16日) 
午前中神様が神社へ帰られると,作り物をのせて町中を引き回す。
午後からは「チョーサイ」と呼ばれる山車が出て,かけ声と太鼓の音でに
ぎやかに町中を回る。

tyosai

◆鞆の浦歴史民俗資料館では,只今企画展「八朔の馬」を展示中です。
 子どもの健やかな成長を願ってつくられた白い馬,鞆にしかない珍しいものです。
hassakuno

2018年9月11日

9月2日(日)に行われた,子どもの成長を願った鞆ならではの行事,「第17回鞆の津 
八朔の馬出し」の写真を募集中です。

◆題 材   今回(第17回)の八朔の馬出しの行事
◆大きさ等  2L(キャビネ)判程度。裏面に,住所・名前・電話番号を記入し,
         資料館へ持参,または郵送ください。
◆宛 先   〒720-0202 広島県福山市鞆町後地536-1 
         福山市鞆の浦歴史民俗資料館
◆締 切   9月25日(火)必着
◆展 示   すべての応募作品を資料館で10月4日(木)~11月18日(日)まで
         展示します。
◆賞など   優秀作品は作品に掲載し,贈呈します。
         大賞作品は翌年のポスター・チラシに作品を使わせていただきます。
hassakuuma

umadasi1

umadasi2

最近の記事

過去の記事

 
福山市鞆の浦歴史民俗資料館