福山市,鞆の浦,ひな祭り,歴史民俗資料館

鞆の浦  町並みひなまつり 福山

福山市鞆の浦歴史民俗資料館
当館について 館内案内 刊行物 展示と催し物 鞆の浦歳時記 祭 関連リンク
トップページへ

2014年7月29日

8月2日(土)・3日(日),淀姫神社の祭礼が行われます。

鞆の平(ひら)地区には神功皇后御妹姫を祀る淀姫神社があります。
この淀姫神社には二体の神輿と三体のこども神輿があり,旧暦七月七日の淀姫神社の祭礼でかつぎ出し,太鼓のリズムと神輿ばやしで行進します。廻すといっても投げる方が有名になり,「平の投げ神輿」と呼ばれています。
祭礼の前日,家々では祭り団子を作り,親戚縁者に配ります。このため通称「だんご祭」と呼ばれています。
ちょうど七夕と重なる為,町は七夕飾りや提灯を飾って賑やかです。

hiramaturi

2014年7月8日

2014年 7月12日(土)の夜,
福山市無形民俗文化財に指定されている『お手火神事』が行われます。

祇園宮(現在の沼名前神社)の祭神・須佐之男命の神輿渡御に先立って行う祓いの行事で,病気払いや海上安全を祈願する祭事でもあります。
本殿奥から神火を神前手火に移し,45段の大石段を神官の先導でかけおり,点火された大手火3体は順々に拝殿までねり歩き,かつぎ上げられます。

otebi

町の人は,その大手火から自分の小手火に火を移し,自分の家に持ち帰り清めます。
そして,拝殿前に大手火を安置すると,神輿3体を境内でかつぎ回り,火の祭典の終わるのは深夜になります。
お手火神事に関して詳しくは,沼名前神社のホームページやFacebookをご覧ください。

最近の記事

過去の記事

 
福山市鞆の浦歴史民俗資料館