福山市,鞆の浦,ひな祭り,歴史民俗資料館

鞆の浦  町並みひなまつり 福山

福山市鞆の浦歴史民俗資料館
当館について 館内案内 刊行物 展示と催し物 鞆の浦歳時記 祭 関連リンク
トップページへ

2013年8月28日

2013年度企画展「八朔の馬」が本日(8/28)より始まりました。

 八朔とは,旧暦八月一日のことでこの日には農耕の習俗が全国的にも伝わっています。ここ鞆の浦では男児が生まれると子どもの成長を願って白い木製の馬を作り八朔の日に引き回す風習がありました。
文献などから,江戸時代には行われていたことがわかりますが,残念なことにこの風習は昭和初期には絶えてしまいました。
2001年に全国調査をしたところ,同じように馬を作って子どもの成長を願って町内を引き回す風習があるのは福岡県芦屋町にあったことがわかりました。
芦屋町の馬は白い馬も黒い馬もあり,こちらも昭和初期には途絶えてしまったそうです。

 この企画展では,嘉永4年(1851年)に馬出しがあり多くの見物人が来て賑わった様子書かれた文献や,江戸末期~大正時代に作られた八朔の馬(高さ約2メートルの実物大もあり),
芦屋町の八朔の馬の写真や四国で八朔の日に子どもの誕生を祝って作られる「団子馬」の写真も展示しています。
子どもの成長を願った全国的にみても珍しい「八朔の馬」をぜひご覧ください。
*9月8日(日)10:00~12:00にはこの八朔の馬出しで実際にこれらの馬が子どもたちを乗せて町なかを練り歩く「八朔の馬出し」の行事が行われます。

企画展「八朔の馬出し」
と き    2013年8月28日(水)~10月6日(日) 9:00~17:00
休館日   毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
ところ    福山市鞆の浦歴史民俗資料館(☎084-982-1121)
入館料   一般150円(団体20名以上120円)
        ・高校生まで無料
        ・福山市,府中市及び神石高原町に在住で65歳以上の方,障がい者とその介護者などは
         無料(証明書を提示ください)

umatenzi

umatenzi

pe-pa-kurafuto
 今年福山市内の中学2年生が職場体験に来た時作ったペーパークラフト
  

*期間中入館された子どもさんへオリジナルペーパークラフト(A4判)をプレゼントしています。

最近の記事

過去の記事

 
福山市鞆の浦歴史民俗資料館